アキバと電子工作について 語ってみた本「兎の瞳」の価格情報です。
 

トップ > 同人誌/同人アイテム > アキバと電子工作について 語ってみた本「兎の瞳」

アキバと電子工作について 語ってみた本「兎の瞳」

■サークル 空と月

〜SM調教師瞳と同人ハードの夜明け〜

お酒と電子工作について語り続けるサークル「空と月」のC93新刊。
今回の特集もお酒ではなく、スーファミの非公認ソフト「SM調教師瞳」の開発者インタビューをお届けします。

瞳はいわゆるエロゲーですが、単に某N社非公認のゲームとして語るにはもったいないほどの興味深いエピソードがあります。
また、瞳が発売された当時は同人ハードの黎明期と言っても過言ではなく、当時同人ハード開発がいかに大変だったのかについて、貴重な資料を交えながらお話を伺いました。

「MFP」の略称で知られる「MSX復活プロジェクト」や、秋葉原の神林ビルにあった知る人ぞ知るジャンク屋、「くず屋うさぎ堂」の逸話も登場します。

サークル 空と月
http://yone2.net/sora_lua
価格 : 500円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ